みえ呼吸嚥下リハビリクリニック

亀山市アイリス町の内科,リハビリテーション科,気管食道内科,呼吸器内科,肛門内科,糖尿病科
みえ呼吸嚥下リハビリクリニック

〒519-0171 三重県亀山市アイリス町14-7
TEL 0595-84-3536

リハビリテーションセンター

設立 2014年6月(鉄骨造2階建て)
定員 デイケア25名 総床面積180m2
・リハビリテーションセンターに新しい機器が設置されます。

・日中一時支援事業所の開設(2014年11月)詳細情報

 

リハビリテーション部長あいさつ

リハビリテーション部長
理学療法士  鈴木典子

安心・安全そして満足できる地域を形作るために、さまざまな状態の方々に積極的に適切なリハビリテーションを施行してゆきます。専門的機器を備え多くの専門職と多職種が知恵と力を合わせ、局所の機能だけではなく全身の機能、そして社会復帰に向けてのお手伝いをさせていただきます。よろしくお願いします。

 

センター紹介

デイケアスタッフ

術前術後の急性期からリハビリテーション・回復期までの患者さんの安全に留意をしながら機能回復に向けたリハビリテーションを行っています。
当リハセンターはこれまで寝たきりにしない座らせるリハビリテーションを積極的に進めてきましたが、今後は安全に荷重を軽減する機器を使用し立たせる、そして歩かせるリハビリテーションを積極的に進めてゆきます。
呼吸不全の方々、酸素療法や人工呼吸器を使用する方々にも積極的な離床、可能ならば歩行へ向け専門的呼吸リハビリテーションを施行します。呼気ガス検査を導入し循環器や呼吸器疾患の方々にも正確な評価の上、適切な指導を行います。
嚥下障害、脳神経疾患、神経難病の方々に対し医師や認定士の指導の下、積極的な包括的呼吸嚥下リハビリテーションをすすめます。
悪性腫瘍を含む終末期の方々に対して除痛・除苦、QOL維持・改善目的の指導を積極的に行います。
患者カンファレンスの充実に心がけ、患者さんの機能回復過程を患者さん、ご家族とともに共有し、ともに喜びを感じて実践します。

 

医療保険部門

【リハビリテーション科】

リハビリテーション科では、医師の指示のもと、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、などの各専門職が指示に基づき障害度を評価し訓練などを行います。
リハビリテーションは多職種によるチーム医療であり、チーム医療においてケースカンファレンス(検討会)は欠かせないものです。当院では、全スタッフが集まり定期的にカンファレンスを行っています。
呼吸・循環器疾患、摂食嚥下障害、虚弱高齢者の内部障害を中心とした患者様に関わっています。
平成26年7月にはリハビリセンターが完成します。
三重県内でも数少ないリハビリ機器、呼吸循環評価機器を導入し、さらに患者様の安全を守りながらリハビリを行います。
スタッフ一同、患者様が安心して在宅生活を過ごされるよう全力を尽くしていきます。

理学療法(PT)
運動療法や物理療法を行なうことで、日常生活に必要な動作(起きる、座る、立つ、歩く等)の練習を行ない、体の動きがよくなるように支援します。
*呼吸リハビリテーション:慢性呼吸不全は薬剤等の治療に加え運動療法リハビリテーションと栄養・生活指導が有効です。
呼吸リハビリテーションでは、病気や外傷によって呼吸器に障害が生じた患者さんに対して、可能な限り機能を回復、維持することによって自身が自立した日常や社会生活を送れるように継続的に支援します。

作業療法(OT)
基本的な動きの練習を踏まえ、日常生活動作(食事、トイレ、入浴等)の練習を行ないます。
また、作業などの活動を通して、手の動きを引き出す、筋力や体力をつける、物事を考える力をつけるなどを支援します。
作業とは…利き手を交換する、調理や家事の練習をする、手工芸を行なう、読み書きや計算などを行なうなど、多岐に渡ります。

  • 理学療法士5名
  • 作業療法士2名